〒854-0074 長崎県諫早市山川町32-1
 
0957-49-8282

再生療法

  • 歯周病
  • 歯周補綴
  • 審美歯科
  • インプラント
  • インプラントによる認知症防止
  • 再生療法
  • 歯内療法
  • 料金表
  • Q&A
HOME»  再生療法

再生療法とは?

歯の寿命を延ばすために歯周病で溶けてしまった骨歯周組織再生用の材料を使用して、歯周組織を回復させる治療です。
比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けて治すことができます。
しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要になります。この手術に、歯周組織再生用の材料が使われることがあります。
代表的な歯周組織再生療法には、次のようなものがあります。

  • 骨移植(自家骨移植、他家骨移植、人工骨移植)
  • GTR法(GTR膜という膜を使う方法です)
  • エムドゲイン(溶けた骨の部分にエムドゲインという薬剤を使う方法です)

歯周組織再生療法は歯肉を切って骨を露出させる必要があるので、ほとんどの場合、歯周外科治療と同時に行います。
治療が成功するかどうかはどの方法を用いて治療を行ったのかということよりも、スケーリング・ルートプレーニングによって感染物質が徹底的に除去できているかどうかや、毎日のプラークコントロールがしっかりとできているかどうかなどがポイントとなります。

再生療法

術前
歯周病により、歯の周りの骨が溶けています。


  •  

  • 術中
    歯肉を剥離すると、根の周りの骨が大きく溶けて失くなっています。そこにエムドゲインと骨移植術を行いました。

  • 術後
    レントゲン写真で見ると、溶けてしまっていた骨吸収箇所が十分に再生できていることが確認できます。