〒854-0074 長崎県諫早市山川町32-1
 
0957-49-8282

インプラント

  • 歯周病
  • 歯周補綴
  • 審美歯科
  • インプラント
  • インプラントによる認知症防止
  • 再生療法
  • 歯内療法
  • 料金表
  • Q&A
HOME»  インプラント

インプラント治療とは?

歯が失われた部分に、人工の歯根(インプラント)を入れることで、入れ歯では味わうことのできない、快適な食生活、会話といった自然な機能と美しさを再び手に入れることができます。

インプラントと入れ歯、ブリッジの違い

インプラントとは

インプラントとは歯茎に人工の歯根(しこん)を埋めこみ、その上に義歯をかぶせる方法です。
入れ歯と違い、一度作ったインプラントは取り外せません。さらに、見た目は天然の歯と区別がつきません。
また、入れ歯のようにぐらついたり噛む力が弱まったりすることがなく限りなく、天然の歯に近い働きをします。

メリット

  • 天然の歯に近い状態まで歯の状態を回復できます。
  • 見た目が分からないのにくわえ、噛む力も天然の歯とそれほど変わりません。
  • 食べている最中に食べかすが入れ歯と歯茎の間に挟まるようなことがありません。
  • 健康な歯を削らずにすむので、残った歯の寿命が短くなることもありません。

デメリット

  • 保険が適用できません。1本当たりおよそ30万円かかります。
  • 外科手術を伴います。全身的な健康状態が悪い場合は処置を行えないことがあります。
    (重度の糖尿病、心臓疾患など)

入れ歯とは

取り外しができる人工の歯のことです。高齢者以外にも何かしらの事情で歯を失った人も使用します。
部分入れ歯と総入れ歯の2種類があり、保険適用になるものと自由診療で作るものがあります。

メリット

  • 残っている歯を大きく削る必要がありません。
  • 義歯の歴史は長く歯科医の技術やノウハウの蓄積があります。
  • 取り外しは自由で、不具合があれば調整が可能です。
  • 保険適用の範囲で作れるものは比較的高くはありません。

デメリット

  • 自分の歯に比べて、噛む力も弱く違和感があります。
  • 入れ歯がしっくりくるまで時間がかかる場合があり、その間の食事や生活に支障があります。
  • 部分入れ歯では残っている歯にバネをかけて入れ歯を支えるので、それだけ歯の寿命が短くなる可能性もあります。

ブリッジとは

失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法です。

メリット

  • 部分入れ歯のように取り外しをする必要がございません。固定式なので違和感は少ないです。
  • 外科的な治療は基本的には必要がありません。

デメリット

  • ブリッジを固定する為に両隣の歯を削る必要があります。場合によっては神経を取る処置をする場合もあります。
  • 支えとなる歯には大きく負担がかかります。
  • 歯肉との間に食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすいです。
  • 空気がもれて発音しにくい場合があります。

インプラントによる認知症防止

インプラントという言葉は一度は耳にされたこともあるかと思いますが、「認知症防止」に大きな効果があることは皆さんご存知でしょうか。

「かむ」という行為には、様々な効果をもたらします。例えば食事を摂る、全身のバランスを整えるなどが挙げられますが、脳の活性機能も併せ持つことも大きなポイントであると言えます。

口腔周辺の骨、筋肉、関節部には脳神経が多く集中しており、絶えず脳内に信号を送っていますが、かむことにより発信される脳内のアセチルコリンという神経伝達物質が噛まなくなることで脳への刺激が減少し脳内の中枢神経細胞が退化してしまうという現象が引き起こしてしまいます。
その結果、学習能力や記憶力の低下、老人においては老人性痴呆症を誘因すると言われています。
事実、眠気防止の為にカフェインを含んだ飲み物やチューイングガムを比較して検証した結果、チューイングガムが最も効果的であることも実証されています。
また、入れ歯と比較しても健康な歯であれば70㎏前後の力でかむことができますが総入れ歯だとそこまでの圧力をかけると入れ歯自体が破損してしまい、歯肉などを損傷してしまうことになります。

インプラントとは骨に癒着して人工歯を支えることでしっかりとした力で「かむ」ことができるようになり、食べる喜びや自然な笑顔を取り戻し、引いては認知症防止にも繋がる魅力的な治療です。

ただし、外科手術が必要になり、相応の費用が発生することなど事前の説明をしっかり受けた上で治療を進めていくことが大切です。

かむ機能を失ったり衰えさせることは人生の喜びを大きく損ないかねません。「たかが歯、されど歯」と言われますが、喜びをかみしめて頂ける様、当院では最善を尽くさせて頂きます。

インプラント 症例1(70代女性)

術前

  • 術前
  • 術前
  • 術前

上は全部、歯が残ってますが、下は全く歯がなく下に総入れ歯を入れても、全く安定しません。
下は歯茎で食事しておられました。

術後

  • 術後
  • 術後
  • 術後

下に4本インプラントを埋入し、磁石を用いた入れ歯を装着しました。
下の入れ歯は、全く動かないので何でも咬むことができるようになりました。

インプラント 症例2(70代男性)

術前

  • 術前
  • 術前

上の奥歯にワイヤー付きの入れ歯が入ってます。
取り外しが面倒で、固いものは咬めず食事も美味しくありません。

術後

  • 術後
  • 術後

奥歯に3本インプラントを用いた固定式の被せ物を用い自分の歯と同じように、手入れも簡単で固いものも何でも咬めるようになりました。